今年もよろぴこ2010年01月02日

新年ですな。

1月に舞台がありますもんで去年12月後半から稽古で名古屋にいます。

師走はそりゃあバタバタと過ごしました。
自分の誕生日すら、祖母から言われて気付いた始末。

「年女 行く年来る年 忘れたい」

一句出来ました。

長期東京不在ということで一番の気掛かりは
なんといっても金魚とモーリーとエビっ子ですわ!水槽維持ですわ!

母に足し水や換え水などの最低限メンテナンスの指示書を提出。
母は両手で受け取ると
「アンタだと思って面倒見るわ~。」

結構イヤじゃないみたいだ。
中学生のころ、スキー旅行に出かける私に母は
「寂しいからふ~ちゃんの髪の毛の束をちょ~だ~いっ。」

と、別れ際にバスの窓越しから私の髪の毛の束をむんずと掴み、引っこ抜いた。

子も成長すれば母も成長するもんだと、つくづく頼もしい。

正月3日間は里帰っている。
水槽維持は完璧。トトも変わりない。みんな元気で一安心だ。

チャオチャオちゃおん。

飛び出す落語 名古屋&東京2010年01月04日

そんな舞台は名古屋公演&東京公演

お知らせ致します。

落語のお噺しが演劇に飛び出します。

演出は堤幸彦劇団メンバーで名古屋の劇団少年ボーイズ主宰、中学生日記でお馴染みの多田木亮佑氏。
脚本は仙台劇のまち戯曲賞大賞受賞作家の平塚直隆氏。
主演は落語家で雷門福三氏。私はその妻の役です☆
1月中旬名古屋公演を経てからの東京公演。

☆少年ボーイズプロデュース☆
『飛び出す落語』

東京公演〔4ステージ〕
2010/1/22日(金)~24日(日)
22(金) / 19:00
23(土)13:00 18:00
24(日)13:00  /
※開場は開演30分前。
堤幸彦監督サプライズトークショー開催!日時未定。
[場所]
中目黒ウッディシアター
03-3791-6566
[料金]
一般:前売3000円/当日3300円
学生:前売2000円/当日2200円

ぜひお誘い合わせの上、劇場に足を運んで下さいますよう、心よりお待ち申し上げております
なんと東京人出演者は私1人なんです。

ちなみに名古屋公演は
池下駅1分のシアターMOONにて
1/11(水)~18(月)全19時開演です名古屋近隣ご用の際には是非いらして下さい。

それでは素敵な一年を!

飛び出す落語2010年01月14日


皆さん、おはこんばんちわ。
名古屋で「飛び出す落語」公演中です!

写真は共演者のゆすらさんお手製の力作です。
楽日まで保ちますようにっ!

さて、ただいま1人暮らし満喫中。何年ぶりだろか、恐ろしく昔に下北沢で1人暮らししていた記憶が蘇る。
あの時アタイは若かったなはぁ…
甘酸っぱい青春の思い出だなはぁ。

近所の友達が彼氏とケンカして夜中に泣きながらアタイの部屋に逃げ込んできた。
友達の彼氏がアタイの部屋まで追いかけて来て
ドアをドンドンドン!チャイムをピンポンピンポンピンポーン!
そして怒鳴る!

彼氏「ここに居るのは分かってる!ごめん!だからこのドアを開けてくれっ!愛してる!」
アタイ「…で、出ないの?」
彼女「居ないって言ってって言ってるって伝えて。」
アタイ「居ないって言ってって言ってますけど」
彼氏「だから居るんだろ!出てきて、お願いだから!」

この月9風やり取り小一時間。
ただの近所迷惑。

若いね~。

ある時は創作料理にハマり
アタイは、すんごく美味しいスパゲティを開発したんだな。
次の日、友達に自慢げに

アタイ「今度ご馳走するからみんなで食べに来て!本当に美味しいから!」
友達1「行く行く~楽しみ!」
友達2「どうやって作ったの?」
アタイはザッとオリジナルレシピを披露したのさ。
友達たち、ポカーンとしてるわけ。
アタイ「?」
友達3「あんたそれ、ただのナポリタンだよ。」

ガーン!!
ゼロから編み出したのに、アタイが生まれる前からあったなんてさあ。
アタイ、指摘されるまで気付かなかったし、そうだ、ナポリタンじゃんね。

アタイ「しまった先越されてたー!」

若いね~。


名古屋でも自炊生活。
好きな野菜とキノコばっかし食べてます。チャレンジ精神まるでナシ。
ラブな展開は予想通りまるでなく、むしろウンコ女優呼ばわりです。


今回の舞台、私より若い子たちがそりゃ当たり前にいるんだけど
これまたもう大人なんだなあ。
偉いよなあ。しっかりしてらぁ。
アタイなんてもうただのウンコだからな。

若い子たちからエキスをいっぱい吸い取り
先輩たちからもエキスをいっぱい吸い取り

ブクブクになって東京に戻ろうっと。

パワーアップしたアタイを楽しみにしていてね。

名古屋の街は寒いけど、名古屋の人って温かいです。
これ本当の話。
こんなアタイを許して受け入れてくれるんです。思い出がいっぱい。愛もいっぱい。
なんだか離れがたいなあ。あと何日も居られません。

東京公演が待っています。

東京で金魚や愛犬が待っています。

そして
「飛び出す落語」面白いです。

帰宅もんどり祭り2010年01月21日

☆少年ボーイズプロデュース☆ 「飛び出す落語」名古屋公演が無事終了

名古屋でご来場して下さった方々、本当にありがとうございました!
明後日からは東京公演。

名古屋の楽しかった思い出は沢山すぎてもうちょっと後に。

久しぶりに帰宅。

トトの「うれション」シャワーの洗礼。

トトを抱っこしながら金魚水槽へ

きちんと水量キープ。良し。
でもコケだらけ…
そしてエビっ子、増えとる。
金魚、デブっとる。

続いてブラックモーリー水槽へ

きちんと水量キープ。良し。
水草、巨大化しとる。
エビっ子、抱卵しとる。
モリ子、デブっとる!!


まさかのエサ大量投与疑惑にもんどりうった。

…マミーよ。可愛がってくれていたんだね。ありがとうよ。
おかげで、モコもチコもモリ子も朝倉家も、水草たちも、みんな超元気なのでした。

旅立つ前にトトに買ってあげたLeeのトレーナーが
すでにヨレヨレなとこに
時差を感じます。

心なしか耳が遠くなってるおばあちゃんに

時差を感じます。

お母さんが自分で切って失敗したというパッツン前髪に


時差を感じもんどりうった。

夢でももんどり祭り2010年01月21日

今朝、トイレに行きたくなって目が覚めて

ベッドから這い出し
床に散らばっている大量のCDを踏まないようによけながら部屋をでて

トイレのドアを開けると
パチっとベッドの中で目が覚めた。


なんだ夢か。
妙にリアルな夢だった。

もう少しでオネショするとこだったと間一髪起きた私は

ベッドから這い出し
床に散らばっている大量のCDを踏まないようによけながら部屋をでて

トイレのドアを開けると
またパチっとベッドの中で目が覚めた。


また夢か。

今度こそとベッドから這い出し、床に散らばっている大量のCDを踏まないようによけながら

トイレのドアを開けると
パチっとベッドの中で目が覚めた。


え~また夢?
なんだこりゃと起上がって

ベッドから這い出したとき
床に散らばっている大量のCDを踏まないようによけながら…


ん?待てよ。

そもそも私の部屋は床にCDをちらばしてなんかないぞ。

こりゃまた夢だな。もう引っかからない。

よし、起きよう!と気合いを入れて起きた。


やはり床にCDはなかった。

リアルに足の裏で床を感じリアルに歩いている事を確かめながら

トイレのドアを開けると


パチっとベッドの中で目が覚めた。



もんどりうった。

飛び出す落語in東京2010年01月22日

明日からいよいよ東京公演始まりマウス。

既にご予約いただいた方々、劇場でお会いできるのを楽しみにしています☆

まだ日程がお決まりでない方!ギリギリまでお受け致しますので
どうぞご連絡下さいね!
22日(金)、23日(土)の夜公演は終演後
20世紀少年、トリックでおなじみの堤幸彦監督のトークショーがあります。

☆少年ボーイズプロデュース☆
『飛び出す落語』
東京公演〔4ステージ〕
1月22日(金)~24日(日)

22(金) / 19:00※
23(土)13:00 18:00※
24(日)13:00  /

※終演後、堤監督トークショー開催!
[場所]
中目黒ウッディシアター
03-3791-6566
[料金]
一般:前売3000円/当日3300円

< 作 > 平塚直隆(第四回仙台劇のまち戯曲賞大賞受賞作家)
<演出> 多田木亮佑
<出演> 雷門福三 山本仁 中内こもる 
田所二葉 安藤絵美 覚前遥 中村ゆすら 
野畑幸治 三浦文敬 MARIE 多田木亮佑

<あらすじ>
職探しの旅に出かける落語家がいた。

その旅のゆく手に現れる数々の個性的な登場人物。

そして、彼らと落語家の身に起こる面白おかしい出来事。

名古屋にいる4人の落語家のうちの一人、雷門福三が実際に「落語家」として劇中に登場します。

現代に生きる落語家が落語の噺の中を練り歩く、現代版落語演劇。

東京千秋楽!サンキュー名古屋!2010年01月26日

無事に「飛び出す落語」の東京千秋楽を終えました~。
見に来て下さった沢山の皆様、本当にありがとうございました。

名古屋で観て下さった皆様も本当にありがとうございました。

名古屋の劇団に初参加し、名古屋での稽古生活から始まった今回の舞台。
思い出深い作品となりました。

名古屋の人たちは本当に温かく、こんなアホな私を優しく受け入れてくれました。

衣装用に購入した名古屋の靴屋さんでは

親切な店員さんが、お友達を沢山連れてわざわざ舞台を観に来てくれました!
まさに名古屋マジックです。

嬉しくて温かい出会いがいっぱいでした。

名古屋港の水族館や明治村、コメ兵、スポーツ鍋に味噌串カツ、味噌おでんに、たません…

名古屋、すっかりお気に入りです。

こういう出逢いややりがいに
仕事、続けていて良かったなあとつくづく。

これからも頑張ろうっと。

どうぞ宜しくお願い致します!

セクシーポーズとムーンウォーク2010年01月27日

舞台が終わって熱出して呆けてました。でも、もう大丈夫!
いつもニコニコ元気です。

今夜は歌舞伎座へ
習っている坂東流の舞踊会。

もちろん観る側。

家元の姪っ子さんが私のお師匠さんなんだけれど
私より若くて、美人さんです。普段は気さく。踊ると艶っぽい。

舞踊会はそうそうたる出演者。
家元の口上には感動して涙をホロリ。

いやはぁ、古典芸能は本物だなはぁ。

逆立ちしても叶わぬ思いで
あと100年習えば追いつくのかなと

ウットリため息まじりのセクシーポーズを
ついつい気付くとしていました。

癖なんだよなあ、セクシーポーズ。
こらこら、セクシーの無駄遣い禁止だぞ!


でも、もういい歳だし
これからはやっぱ
日本舞踊でセクシーポーズだなはぁ。

ハァ~、トッテンチン。

そして帰宅すれば
NHKのマイケルジャクソンを見ていた母が

「フォー!」と叫びながら
腰を振ったり、出来もしないムーンウォークをしていた。


こんな環境で育ったんだもん、私。

色々、仕方なかったりする。

ヤットン、ヤットン、ヤットントン。


こうして今夜の宴は和洋折衷、深夜まで続いたのでした。

恋バナ2010年01月28日

マッキーと恋バナ

恋バナっていいよねぇ。

2人とも、妄想なんだけどねぇ。


女っていいよねぇ。
ただそれだけで

もうハッピーだよねぇ。


それ、哀愁だよねぇ。

だろ~ん2010年01月30日

なんかもう、「だろ~ん」という感じとしか言えない。

しばらく呆けたのも束の間、
自分時間にいろんな予定が埋められていき
張り切ってレッツアクティブ!

一息つくともう、「だろ~ん」なのです。

なにか大事なことを忘れちゃいやしないかとばかりに

そのなにかを気にしながら。
気になってしかたないのに、

そのなにかを放置しながら。
それを自覚しながら。

ひたすら「だろ~ん」気分。

ひとりじゃ、なんもない。

そして毎晩、おさらい。
明日の予定と明後日の予定と
明明後日からの生活。

心のやることメモとスケジュール帳の照らし合わせ。

「…だろ~ん」


もうすぐ2月、
2月は三回忌。
もう丸2年。

ナントカなる。
するしかないって、変わり始めたかなと、ちょっとは思ってたんだけど。
立ち止まれば特になんも変わってないや。


「ねぇお父さん、
   もういい加減、帰ってきてよ。
              留守が長すぎ。」


…なんてね。
ただ逆ギレてみた。

ごめんね。
なんてったって今は

「だろ~ん」だからさ。

こんなもんだ。

焼きそば食べよっと。