紙切れ友達2008年12月05日

乗り換え駅の階段を上っていたら
後ろから聞きなれぬ声

『落としましたよ』

振り返ると
要らないレシートみたいなのを差し出している
赤の他人

ニット帽を目深にかぶり
鼻のしたまでマフラーを巻いている

その男。他人。 怪しい・・・


「レシート、私落としたかな?
捨てたと思われて拾われたのかしら?
いや、本当に落としたかな?
第一落とすようなしまい方したかしら?」


一瞬色々な思いが頭の中をめぐり

相手の顔もろくに見ずに
『あ~ありがとうございます』

と受け取った。

彼は私を追い越し去っていった


…なんのレシートだったかな。

よくよく見てみると
その紙きれはレシートではなく
なにかのメモだった


『急にすみません。
落としましたよ、は嘘です。
僕と友達になってください。29歳社会人です。』

そして携帯番号、メルアド。

そして無記名。

なぜ無記名?


……………………。


ちょっと意味が分からなかった。
私が落とした物ではないって事だけが明白。

顔を上げると
もう先ほどの赤の他人らしき人はどこにもいない。

黒っぽい帽子やマフラーしか覚えてないし。
顔も背格好もわからん。

しばらく呆けるうちに
ようやくこのメモの意図することが理解できてきた。

怪しすぎる・・・


でも友達って、こうやって作るんだっけ?

こんなんで友達になれるのか?
友達にしたいと思えるのか?
そもそもなんで
こんな突発行動をとるのか?
全く持って意味不明。
場合によっては
失礼極まりなく逆効果。

様々な動揺を抱えさせられた私は

連絡することもなく
帰宅し

我が家のヤギに
この紙きれを見せてみた。
ヤギはただだまって
紙きれをムシャムシャと
食べた。
ビリビリになった。

それが
紙きれ友達に対する
ヤギの答えだった。


…ヤギという名のうちの犬

トトよ、君こそ私の友達だ。


トトも自ら名乗ることは出来ないけれど

ちゃんと呼び名があるからな。

呼び名のない友達なんていない。

エビ太郎と貝之介2008年12月30日

ミナミヌマエビ5匹
食べ物じゃないよ。
新しい私の子どもたちです。
『黒メス、白メス、エビ太郎とチビ太郎とチュー太郎』

ゴールデンアップルスネール1匹
貝の名前は『黄色い貝之介』

マイ・アクアリウムには
かわいい先住民
ちっちゃいナマズのオトシンクルス4匹
『オト、シン、クル、スー』

みんなすっかり仲良しです。


毎日水槽ばかりみているから
顔がナマズになってきた。

年越しモリコ2008年12月31日

ブラックモーリー

その名はモリコ

漆黒のボディに似合わぬ
人なつっこさで
私を狂わす
その名はモリコ

アクアショップの
ディスプレイ水槽に住んでいる
その名はモリコ
私が勝手に名前を付けてきた

かわいいモリコは
私がお店に行って
そのディスプレイ水槽を覗きこむと
どこに隠れてようと
水面に顔を出して
必ず私にパクパク挨拶してくれる

私を待っててくれてるのだ
でもモリコは売り物じゃないから

つれて帰れない

だから今日も挨拶してきた


モリコ。モリコ。モリコ…

今年は
ジルベスターコンサートのライブ中継
ラプソディインブルーを聞きながら

年越しモリコ。


喪中につき年末新年のご挨拶はご遠慮申し上げます。

ここに本年中に賜わりましたご厚情を深謝致しますと共に明年も変わらぬ ご厚誼のほどお願い申し上げます。


黙すれど たしかにある花 優しい風