デコの薬浴日記2010年03月03日

1日目 2月26日
お家に来たばかりの元気なデコちゃん
当初、体表にポチっと1個だけ怪しい白点

念の為、本水槽導入前に塩水浴してました。
まず体力回復を狙います。
体調不良や移動のストレスならすぐ取れます。

でも、この白ポチは白点病のおそれもあるので
水温を徐々に上げていき30℃まで引き上げました。

3日目 2月28日
変わらず元気なデコちゃん、白ポチも変わらず…
ヒーター浴と合わせてニューグリーンFという治療薬で薬浴開始です。
薬は規定量の半分を徐々に加えました。

4日目 3月1日
白ポチが小さくなりました。デコも元気。
十分薬効があるようなので、このまま薬は半量で継続です。

5日目 3月2日

 白ポチが消えました!

これから数日かけて水温と塩と薬の濃度を徐々に下げていきます。

すぐには薬浴やめれません。
体表についた白点虫と卵たちがやっと強制孵化して離れたわけだから
あとは水中に漂った見えない白点野郎に駄目押ししなければならないのです。

ニューグリーンFを規定量の三分の一に引き下げ
塩水は0.3%
水温は一度だけ下げました。

6リットルプラケースなので毎日、3リットルを濃度調整しながら水換えしてます。

ああ、本水槽デビューまで後少し!
 モコとチコも新しいお友達に興味津々。

そして我が家の金ちゃん水槽に、
なんとまたサイズアップ計画が浮上中。

スクスク育つ金ちゃんたち
今のままではちょっと手狭になるのは時間の問題。

でも家族会議でモメモメ中。
私としては後々安心サイズの60センチ水槽ににしたいのですが

大きすぎるから45センチにしておけとか言われてます。

60センチ水槽は一般規格サイズだけど確かに存在感ありすぎ。

でも45センチ買ってもどうせいつか60センチが必要になる時がくると思うんだよな。

だって私、琉金ちゃんをまだお迎えしてないし。
つくづく、金ちゃんには水量が命と思いました。
水槽がちょっとずつサイズアップしていく楽しい我が家。
アクアにハマって水槽をドンドン増やす典型的なアクアリストとなりました。

水換え用&薬浴用プラケース3Lと6Lの2個、
ガラス水槽9Lと12Lと20Lの3個
そのほか予備フィルターなど付属機器の数々

一番はじめに思い切って60センチを買っておけば良かったと思う、ありがちな初心者です。

ああ、90センチ水槽は夢のまた夢。
青い水の中でデコも夢を見ています。
早くあっちの水槽に入りたいってね。

私も早く3匹が泳ぐ姿が見たいなあ。
それが60センチ水槽ならなおいいなあ。

頭の中は金魚でいっぱい。



華麗なる夜更かしオペラ2010年03月04日

ここんとこ毎晩、BShiで
「華麗なるメトロポリタンオペラ」
ニューヨークに行かずして観れちゃうお得な番組
例え行けても
すごい上の後ろの方からオペラグラスでちびっこいし
それが我が家でかぶり付きで観れるなんて!

今日の演目、プッチーニの「喋々夫人」
私が今まで見た
数少ない「喋々夫人」の中では
群を抜く演出、演技、歌、音楽で
夜中なのにもう釘付け号泣、圧倒もん。
日本人としては、この作品、たいてい日本美意識のチャチさにまずコケちゃうところなんだけど
衣装はまあ、細かくは置いておいて、全くそれを感じさせない演出でした。

むしろ日本より日本な感じで。
目から鱗な演出です。
なんと子役は○○。
これが凄い。本当に感情があるよう。

また喋々さん演じる歌手の表現力の凄まじさはピカイチ。
歌を歌っていません。演じていません。そのものでした。
下手すりゃ天才子役のこの○○に
全部持ってかれる勢いにも
全然負けず劣らずその存在感は素晴らしかったです。

そして演出がとても演劇的。
プッチーニのスコアの精密さを更に引き立てていました。
こんな喋々夫人観たことない!

裏ではスタッフさんたちもみんな泣いちゃうってのも頷ける。
ヨーロッパでのオペラとはまた一味も二味も違う作品でした。

またこの番組の凄いところは、
幕間に出演者や演出家にハイテンションでインタビューしちゃうところ。
各幕の本番直前までのバックステージが見られます。
役者の素顔や役への向き合い方などバンバン見れちゃいます。
これがすごい。

あれだけ歌いっぱなしのオペラ歌手にベラベラ喋らせるなんて。
メトロポリタン歌手はこれから泣いたり死んだりする本番前でもナーバスになんかなりません。
大事な喉を少しでも休ませようとか思いません。
そしてなにより全く気取がありません。

「あたくしオペラ歌手でござーますの」じゃござーせん。
まるで隣に住んでる友達みたいです。

とにかくすごい番組。
今回3夜連続やりました。

毎晩寝不足。寝坊気味。
でも、またやる時は必ず観ちゃうんだな。

ああ、いいもん観たから早く寝よ。

泣いた泣いた。
凄かった。



観ちゃった観ちゃった2010年03月05日

また観ちゃったメトロポリタン…
今夜こそ早く寝ようと思ったのに。

演目はベルリーニの「夢遊病の女」
今まで観たメトロポリタンの中では一番ライトで流行り現代チックな演出。

昨夜の文楽的「喋々夫人」やこないだのスパイダーマン的「こうもり」とか、びっくりする演出がいつも面白いんだけど
今日控えめ。いや舞台が一部せり出したりと十分なんだけど。

しかしながら巧みの妙としか言えない歌のオンパレード。
巧いっ!巧すぎるっ!よっ優等生!!
ストーリーは至ってシンプルなんだけど
素人耳にも難しいスコアを見事にまあ歌い上げてくもんから
ついつい最後まで観ちゃったよ。

ハッピーエンドか~。
トスカとかトゥーランドットとかやっぱりオペラはプッチーニが観たいな~。
4大悲劇ね、うん。やっぱ悲劇。

でもうん。やっぱ人生は素晴らしい、だね。
どっちだよ。
切ないハッピーエンド。

愛すべきは人間ですわ。

なんだろね、なんかなんだよね。
早く寝ようっと。

デコ、元気です。
ちょっと浮き気味なのが気のせいならいいけど…



デコとピコレンジャー2010年03月06日

薬浴8日目にしてついにデコがめでたく本水槽デビュー!

わ~いドンドンパフパフ!
白点消滅後、毎日少しずつ薬塩水から飼育水とその水温に慣らしてきたデコ

途中、浮き気味?との疑いもどこへやら、元気いっぱいで体調万全。
デコ「うわ~い!どこココ?これ何?あなた誰?どしたらいいの?どしたらいいの?うわ~い!うわ~い!」

新人のデコは激変した環境の中、かなりはしゃいでいます。
のんびり屋な先輩、モコとチコの方が
このテンションに戸惑い気味のご様子。

チコ「あの人誰っ!?善い者?悪者?怖よ怖いよ。」
びびって暫く水草の陰から出て来ませんでした。

怖がられてるのも知らずにデコは
すっかり舞い上がっているのでモコ先輩に質問責め。

モコ「ちょっと~あたしに聞かないでよ~。あんたなんか知らないわよ~」

とデコの猛烈アピールを迷惑がってカワし続けていました。

時間がたつに連れ
お互い悪者でない事は分かってきたみたいだけど
まだぎこちなさが伺えます。

モコとチコはなんとなくデコを避けてるような…
元々この2人仲良すぎだし

早くしっくりと馴染むといいなあ。

ああ、きっとまだ言葉が通じないのかもし。

私だってまだデコの気持ちをうまく読み取れないだもし。

でも早くみんなと仲良くなりたいって思ってるのは分かるけどし。

一番大きいモコは体長4センチ
中くらいのデコが体長2.5センチ
一番小さいチコは体長2センチ

みんなまだ小さくて、あははぁ、かわゆいなぁ。
早く大きい水槽にしてあげたいなはぁ~。
それとまた、新しい仲間が増えました。

極小サイズ体長1~1.5センチのアカヒレの子ども5人組。

モリ子王女亡きあとの
カンブリア水槽にめでたくデビューです。

小さくて地味だけどよく見るととっても綺麗でなかなか粋な子ども達。
ピンピン泳ぎます。

名付けて「ピコレンジャー」

よろしくよ~。


ドンドンパフパフ~!


絶対みたくないオペラ2010年03月07日

昨夜もやっぱり遅くまで観てしまったメトロポリタンオペラ…
何日連続放送してんだろう。寝不足でぶっ倒れそうだよ。

やはり喋々夫人が一番だったな。録画しそびれ悔やまれるほどのすばらしさ。
ものすごい演出で、完全ノックアウトで号泣。

なんとかまた観たい。誰かに観せたい。

昨夜はロッシーニの「シンデレラ」
ロマンチックなおとぎ話というより、早口言葉の遊びが散りばめられてるテンポの早い喜劇です。

本日のメトロポリタンはなんと4時間の大作。
よし、絶対みないぞ。





ぽわわ~ん系2010年03月09日

金魚3匹はいい感じ。

デコも徐々に馴染んできたし。

なんてったって
みんな究極のポワワ~ん系
のんびり平和な金魚空間です。

カンブリア期ならぬカンブリア水槽のアカヒレ5匹も元気いっぱい。

伸び伸びの水草はトリミングして切った分は挿し植え
あまりは金ちゃんのおやつに

各水槽には
ハイグロフィアとロタラインジカ、カーナミンを追加。

どんどん生えれ~。
どんどん生えれ~。




エア・フラフープ・ジャクソン2010年03月10日

母親がマイケルジャクソンのDVDを欲しくてたまらないそう。
見ながら踊って痩せたいそう。
不純だ、動機。

「あんた買わないの?」

と言いながら、変な自己流ダンスを今夜も居間で踊ってる。

痩せたいならこんなのはどうだ、
と簡単な動きを提案してもうまく踊れない。
そもそも母はダンスを習ったことがない。

「ほらフラフープみたいにさ」

母親世代にその一言が良かったらしい。

めちゃフラフープし始めた。
段々下がって床に落としたりして。
拾い上げてまた回したりして。

「あんた、フラフープ買って来てよ」

「アチコチぶつけるだけだよ」

だからやっぱり
エア・フラフープ

私も一緒にフラフープ

トトがポカ~んと見上げてる。
「よ!お前さん。このフラフープが見えるのかい?」

でも意外と疲れるのですぐやめた。

ご機嫌だから
明日もエア・フラフープ し~ちゃおっと。



赤白黒と呼ばないで2010年03月12日

前夜、はじめて浮き気味になった赤と白、もとい、モコとチコ。
このまま癖になると転覆病になってしまう。
母が金魚を可愛がってバンバン餌をあげていたから
消化不良で便秘気味なのかもしれないと
今日は1日絶食勧告。
そうして出先から帰って水槽に直行すると
2匹とも、すっかり治っていた。
ふ~。ひと安心。
くれぐれも金魚の餌は控えめにね。

今はちゃんと3匹とも砂に腹をつけてグースカ寝ています。
黒のデコは、新しい水槽に入ってから2日くらい、寝ている様子がなかったけど
ここんとこはかなり爆睡かましてます。
よかった~。

そしてよかった事と言えば
金魚を嫌がっていた母のこと
名古屋公演のため、
家を空けた私の代わりに1ヶ月間金魚の世話をしたおかげで
すっかりうちの金ちゃんたちから懐かれました

そして母の方も
うちの金ちゃんたちに愛着が湧いたらしく
今では水槽のガラス越しにチューチューさえしている
特にチコが大好きらしい。

でも困ったことに
勝手にモコを「赤」、チコを「白」、デコを「黒」
と呼んでいます。

いくら私が名前を教えても受け入れない。
祖母まで「赤いの、白いの、黒いの」呼ばわりだ。
家族で金魚の話題になると
つい私までみんなに分かり易いからと「赤」「白」「黒」と使ってしまう。

このままでは、赤白黒が定着してしまいそう…
また母はエビっ子たちを「エビちゃん」と呼び
あちこちに隠れているエビちゃんを探しては
その数を数えて生存確認
何気に可愛がっているようなのでシメシメである。

可愛がる=甘やかす
餌だけは釘を差しておかないと。

60センチ水槽、断念の予感。
今、35水槽の台にしているスツールが四つ足ってのが最大の問題点です。



おまとめ日記2010年03月22日

昨夜の強風
起きたら、手作りハウスがなぎ倒されていて
植木鉢がいくつも割れ、その破片や土、根っこ丸出しの植物たちが散乱していた。
誰かが悪意を持ってしても、ここまでやるか?というくらいの有り様で
その威力に改めて驚きながら庭の片付け、久々の土いじり。
せっかくハウスで生き延びた植物たち
可哀想に…なんとかまた復活しますように。

トトも一晩中震えていたらしく、朝になってもまだ挙動不審。
ゴーゴー唸る風の音や、ガタガタ震わす窓や雨戸の音が余程怖かったのだろう。
ヨシヨシ。もう大丈夫だよ。昼過ぎにやっと朝ご飯を食べた。

食後暫くは少し浮き気味だった金魚たち。
ここんとこ、フレーク餌と純ココアを水で練り混ぜた手作りご飯「ココア玉」を与えていたら
便秘も解消。食後に浮かなくなった。
金魚にココア、まじオススメです。

アカヒレの泳ぎを私はピンピン泳ぐと表現しピコレンジャーと呼んでいるが
母はツンツン泳ぐと表現し「ツンコ」と呼ぶ
祖母は「そっちの小っちゃな魚」と呼ぶ
「ピコ」なのに…
もはや金魚のモコ、チコ、デコの二の舞か。

こないだ紀伊国屋書店で
母のおつかいでまたオペラのディアゴスチーニを3冊買ってきた。
その何日か前は、電車の中でマッキーと31アイスを6個選ぶならどれにするかについてを、
今月のフレーバーチラシを見ながらみっちり考えた。

夢の計画案を練り上げた後は、実行あるのみ。
その後2人でそそくさ31に行き、先だって選び抜いたそれぞれのマイベスト6の中から重なってる味ベスト2を選んで
スモールダブルをそれぞれ注文
スプーン片手に2人で4つの味を楽しんだ。
正しい31の楽しい食べ方。

だのに、隣の席の女子2人組を見ると、同じ味の組み合わせダブルを楽しげに食べている。
私達は目からウロコ
世の中にはそういう友達関係もあるのかとびっくし。

そして、この世はカップルだらけだなと思ったその日は
ホワイトデーだったり
ヒョロヒョロのっぽなアボカドちゃんが、
葉を増やし茎を太くし急速に成長を再開しはじめたり
鼻がムズムズするからマスクをしだしたり
蕾が膨らんだ桜の木を見上げたり
春を感じる今日この頃

ここのところ忙しくて、私の部屋はすっかりカオスです。
友達が2歳の子供連れて遊びに来たら
その2歳児君、はじめてのカオスに直面したのか、
怖がって5分と私の部屋に居られなかった…
なんか、事態の重大さにようやく気付いた私は
部屋を片付けなきゃと決意した次第

買いためたアクアりウム雑誌の金魚ページの切り抜きファイリングよりも
まず先に部屋片付けます宣言。

季節の変わり目、服の衣替えがてら、やっつけたる
実家にいると、とにかく物が増えるだけなんだ
子供時代のシールやビーズや匂い消しゴム、クッキーの匂いティッシュの入った宝箱とか
学生時代の縦笛とか絵の具とか卒業証書とか
水泳のブロンズ像とか
サインペンとかキラキラボールペンとか
ゴロピカドンのノートとか
着なくなって久しいのに、まだ着れるとかただの愛着でしかない服の山

客観的にはもう絶対要らないものが当たり前にありすぎる。
そして収納場所がそういうもので占拠されすぎている。
生涯の物欲消費額を思うと恐ろしい。
「気に入ったものは2個買って1個とっとく」
とかいう訳の分からない思考はいつのまにか停止したが、
かわりに「気に入ったものは色違いで買う」
とかいう悪癖がわいてきた

自分の底知れない物欲にはぞっとする
部屋を片付けながら、人生における経済について考えさせられた

もうすぐ還付金
でも、それは忘れよう

むかし痛めた足の筋の古傷がまた痛みだした



おひるね金魚2010年03月24日

おひるね姿があまりにかわゆい。
ちゃんと背鰭もピンとしています。
すっかり仲良し3匹になったモコ、チコ、デコ。
またの名をアカ、シロ、クロ…

今日はうちののんびり金ちゃんたちをご紹介します。
●モコ:オランダ獅子頭。
ちっとも頭の肉瘤がモコモコになりません。
赤白の更紗柄だったのに徐々に赤勝ちになってきて今では尾だけが白いです。
一番おおきい金ちゃんで体長は4センチ。
尾鰭が綺麗に伸びて優雅になりました。

●チコ:丹頂。
白いボディに赤いベレーがかわいい丹頂ですが、体型が胴長であまり丹頂らしくはありません。
身体はすごく小さく体長は2センチ。ちっとも大きくならないけれど尾鰭が少し延びました。
でも元気いっぱいのかわいい子です。モコのそばが大好きで真似っこばかりしていします。
●デコ:黒蝶尾。
まさに黒蝶尾!綺麗な尾鰭にバランスの良い出目具合。
でも出目は目が悪いので餌を食べるのは上手くありません。
まだまだ小さく2.5センチ。
ものすごくマイペース。
いまは真っ黒だけど、この黒色はいつか褐色してしまうかもしれません。
特徴らしからぬうちの金ちゃんですが、飼い主にとっては
そこが愛すべきところだったりして、本当にキュート。
特にクロちゃんは
いつも餌をちゃんと食べれてるかが心配。
ココア玉をスポイトで口先に持っていってやると確実にパクっと食べてくれるから安心です。


そして我が家の餌は
浮上性にしろ沈下性にしろ市販の粒餌だと、
絶対的に転覆してきた金魚たちの歴史があるので
フレークか、ココア玉と決めました。

ただいまの金チャン水槽環境
水槽:コトブキレグラスR35 水量20L
外掛けフィルター:テトラAT50とパワーハウスM
大きめだから水量を弱くしてます。
ヒーター:エヴァリスオートヒーターダイヤルブリッジ75で水温23℃
エアー:ノンノイズH85
ライト:ピクシーネオ14W
タイマー:ファイブプラン 午後16時半から深夜0時半まで8時間点灯
餌:テトラフィンカラーとテトラベジタブルとオメガワンスーパーベジフレークをミックス。とココア。野菜中心。
アクセサリー:流木2本岩1個
水草:アヌビナスナナプチ、ウィローモス、ハイグロフィア、カーナミン、ガボンバ、ルドヴィジアトリコロール、ロタラインジカ、ピグミーチェーンサジタリア
底床:田砂

こんな感じです。