ホゲホゲ2005年10月04日

完全なる油断。
ホゲホゲするのは最高に幸せだ。
「ホゲ面の似合う女」一等賞。

しかしホゲホゲ中ってのは
とてつもなくいろんなことを
思い巡らせているものだ。

この中身と外見のギャップがたまらん。

あたかも油断した顔を見せておきながら
相手をすっかり油断させているのさ。

このトリックに気づいてしまってからというもの
なるべくホゲホゲするようにしている。

ただただ
鼻づまりで「ポッカ-ン」と
ホゲ面かましてるわけじゃないんだ。

高速回転の換気扇や、車のタイヤは
みんなゆっくり逆回転しているように見えるものさ。

ホゲ面にはみんなワケがある。
脳みそ全宇宙。

そりやないよ2005年10月04日

教習生活二日目。
なんも悪い事してないのに呼び出しをくらう。

「授業1にこちら側の不手際があった為、ハンコ取り消しです。
 1のハンコがないと次に進めないから、今までの分も全部取り消しです。
 1の授業は明後日夜か来週です、1からまた受け直してください」

そういえば1の授業のときに教官が20分遅刻してきました…
でもちゃんと授業受けたし、ハンコもらったしその後もその後も…
なぜ次の日になってそんな事言いだすのさ!
ありえないーっ。

これから車初体験の筈だったのに~!
ドキドキわくわくだったのに~!

カリキュラムは行政に届けてある通りにしか行えないから補習とかも無理だって、
1は後で受けるから予定通り先進ませてもらう事もダメなんだってよ。

つうかさ、そっちの完全ミスじゃないか。
常日頃「遅刻厳禁」とか威張ってるくせに、遅刻するな~。

計6名の生徒が被害にあったもようです。

学生にしろ社会人にしろ予定組んでるんだから、ずれ込む事による金銭的被害だってある。

私の教習生活は一時お預け。
「とにかく1を受けなきゃ」って
当分ないじゃんっ!

びっちり予定組んだんだから
仕事とかこれ以上動かせないよ!
本来一段階終了テストを受けてる頃、もう一回振り出しからスタートか…。

それにしても、こんなのあり?

とんだ災難。
遅刻厳禁。

腸超ショック2005年10月06日

長年、糞詰まりで頭を抱える私に
ある日突然光が射した。
それがここ数か月
不思議と毎日快便
しかもタンマリ

あまりの嬉しさに『うんち日記』までつけていた。

おかげで3キロ痩せた、肌艶も良くなった。
ビバ快腸。
善玉菌ラブ。
バラ色セレブ。
日課、脱糞。

そんな日々も束の間

先日、腐った豆乳で下痢。

便秘の頃はちょいと位腐ってたってビクともしなかったのに
いまや快腸なのでセンシティブ。

顔面蒼白。
激痛スパイラル。
ゴロゴロピーピー。
最後は水だけ。
出きってスッキリ。

がしかし、それ以来また便秘がちに。
一度、快便バブルを味わった以上、

バブル崩壊のショックはとてつもなくでかい。

恐らく、わが愛しの善玉菌ちゃん死滅…。

超、腸ショック!
腸、超ショック!

ちょっちまちち2005年10月09日

マイスケジュールは
一日2個が目標
気を抜くとすぐ
一日一個になるから

そんな私はここんとこ
一日三個・四個が当たり前

完全キャパ超えてますから

溜まった日記には書きたい事がいっぱい。

その後の教習所の事も
テスト勉強も
爆笑空手も
運動会のニセママごっこも
夜のラブホ街ドライブも
歯医者と院長も
美容院も
ピャークハイアットも
呑み会の事も

みんなみんな
ちょっち待っちちくり。
とりあえず
ちゃんとニコニコ生きてます。
もぅ、ちっとも遊んでないよ。

日記ダイジェスト2005年10月13日

あんまり日記をため込むと精神衛生上良くないので
ダイジェストにして少しずつ吐き出しておく事にした。

☆その後の教習所
今、S字&クランククリア。これまた技能は結構上手くて、ゲーセンかゴーカートかっつうくらい教習所内をブイブイ言わせてます。どうせなら交付日H121212にしたかった。これ人生最大の失敗。

☆テスト勉強
満点めざして猛勉強。だって合格ラインは90点だよ~、性格の悪い人が作成してるとしか思えないほどの引っ掛け問題!明後日、仮模擬。せっせと勉強してたら母親に「ちょっとあんた、カンペなんて作ってんじゃないわよ」…うぅひどい誤解だ。

☆爆笑空手
空手にハマってます。

☆運動会のニセママごっこ
マイミクおっかの息子シュンタの初運動会に父兄ぶって潜入。にしても今時の運動会、父兄はゾンビのように立ち尽くしビデオ撮影。かく言う私もシュンタの出番はゾンビと化した。

☆歯医者と院長
治療再開。トキメキも再開。口の中に指を突っ込まれると思わずカプッとしたくなる衝動をひた隠す私を許して。

☆美容院
ブルーブラックに染めてみた。マイ黒髪ブーム。

☆ピャークハイアット
友達とその彼のお誘いで42階バーへ。素敵空間。でも彼は爆睡。飲み食う私ら。ありがとう二人!

☆呑み会の事
大好きな仲間と呑み会。楽しかった~。


教習所に毎日入り浸りながら、ちょこちょこ働きながら、遊びながら、いつもニコニコ生きてます。
以上日記ダイジェストでした。

交通博士より途中報告2005年10月16日

皆様おかげさまで
仮免テスト受験資格取得の為の
「学科模擬テスト」と「技能見極め」を
無事に一発クリアする事ができました!

この第一段階6日間は涙なくして語れません。
皆様のご声援のおかげであります。
しかしまだこれは序の口
「仮免テスト」と「学科テスト」を受けなければ
路上にも出れませんから。
その後、テストがまた一杯ありますから。
こんなに技能やら学科やらで
こまごまとテストがあるなんて知らなかった!

技能は何とかなりそう。
自分次第で信じるしかない。

でも、はっきし言って
こんなに学科が難しいとは思わなんだ。
「これでもか」ってぇ位勉強してんのにさ
ちゃんと家で問題集もやってんのにさ
なかなか満点とれません…。
模擬テストも92点ですよ。
こりゃ本番は
満点取るつもりで臨まにゃ
まじやばい。
思わぬ落とし穴が満載ですわ。
学科、ちっとも簡単じゃね~。

すでに免許持ってる人で
このテストに合格できる人なんて
この日本にはいないんじゃないかと思うわ。
細かすぎ!

☆1「停車中の幼稚園送迎バスから
   園児が乗降しているそばを通る時は
   バスと1.5メートルの間隔があいていない場合
   必ず一時停止し安全を確かめ徐行しなければならない。」

   はい、正解は?

☆2「信号機がある踏切でその信号が青の場合
   安全確認すれば一時停止をしなくてもよい」
   
   はい、正解は?

☆1解答 ×です。
1.5メートルあいてようがあいていまいが
必ず徐行。必ずしも一時停止しなければならないわけではない。

☆2解答 ○です。
信号があるとき、その信号が青ならば
一時停止する必要はない。

細けーっ!
とりあえず一時停止してあげようよ~、安心じゃんか。
念には念とか言いながらさ~。
念押し具合が厳しい事、厳しい事。

すっかり睡眠不足で奮闘してますわ。
私を交通博士にでもしたいのでしょうか?

こんな夜中に思うのはただ一つ。

「皆様すでにお持ちのその免許、いっそ剥奪してやりたい。」

雨のカリメン'772005年10月17日

雨ザーザー。

本日「カリメンの巻」
カリメン・マキ。
ジュワイオクチュール・マキ。

まず技能テスト。
ていうかさ技能、
いつもみたいにうまく走れなかった。

視界悪いしワイパーの音怖いし。
いつも練習で言われる
「全体的にスピード出しすぎだから気をつけて」
って言葉に惑わされ、
スピード落としてたら調子くるったし。
いつも楽しくドライビングしてたのに
あの厳かな沈黙に絶えられず発狂しそうになったし。
助手席の教官たらいちいちカキカキ書き込んでるし。

なんか緊張した~!
絶対落ちると思ったわい。
すんごい敗北感。

学科試験場に移って待機。
結果を待ちます。
落ちた人は学科受けれずスゴスゴ帰らされます。
見せしめ?

一緒に車に乗り込んだミセスの他は皆二度目三度目。
「ここは容赦ないから厳しいんですってよ。
 だからそんなにめげないで」
暴れる私に皆が見兼ねて慰めてくれました。

でもなんか知んないけど
合格してたーー!
ワー!
ドンドンドン!パフ!パフ!

レッツ・カリメン・ダンス┗(∵)┓♪┏(∵)┛♪
みんなも笑顔で拍手してくれた。

さあ、いざ学科テスト。
私はちょっとばかしアホタラリンだから
こっちの方を心配してたんだけど

全50問、自信あります、解説もしてあげられます。
よほどの引っ掛けなければ50点満点なはず!
無垢な私はすぐ引っ掛けに乗るから
三回も見直したもんね。
これで満点じゃなかったら、
よほどのアホタラリンか
間違って覚えてるって事。

学科は多分受かりそう!

明日夕方に結果でる~。
仮免、仮免~、カリメン~!
カリメン’77。

きっときっと好きにさせます~。

ヤマトナデシコ 七変化2005年10月18日

きれいだネ 見事だネ!

見事、仮免合格~~~っ!
ありがとうありがとう。

でも満点じゃなかったっっ。
2問もミスってた。
まぁ、いっか!

路上デビュー!路上デビュー!
タカラッタ、路上デビュー!
あ、ドンドン、
路上デビュー!路上デビュー!

早くブイブイ走れるようになりたいなあ。
たぶんかっこよいよ。

車運転できる人はオトナに見える
私もオトナの階段登ってるシンデレラなのさ。

絵になるね きわめつけ

純情 愛情 過剰に 路上!
あっちもこっちも 恋せよオトナ

純情 愛情 過剰に 路上!
どっちもこっちも 輝けオトナ

きれいだネ 見事だネ


「みんなーっ!
「ありがとう、ありがとう~!ありがトォ~~~~ウ!」

「トォッ!」
 
 シュバッ!

「変身!」

ブーーーーン。

ヤマトナデシコ28号は
見事な七変化をかますと
そのまま車に乗って走り去っていった。

日本に平和をありがとう!28号!

つづく。

ケツメイシの夜2005年10月22日

昨夜
ケツメイシのライブに行きました。
もみくちゃでした。
オープニングに降ってきた銀のリボン達で
ポンポン作りました。
警備の若いお兄さん、いい人でした。

帰りに食べた屋台のたこ焼きが美味しかったです。
マイミクの「Mimy」「ぼんぼん」と3人で行きました。

翌日にちゃんと筋肉痛で何より。

ケツメとの出会いは
感慨深いものがあります。
2004年全国ツアーで数ヵ所共演できたのは本当に奇跡。
横浜アリーナ、大阪城ホール、名古屋城ホール、沖縄と…
めったとないおお舞台に立てたのはとっても貴重な経験!
地響く舞台裏は一生忘れられません。
あんなに大箱、私は二度と踏めないと思う。

メンバーやスタッフさんもすごくいい方々。
同世代だし。
本当にありがたいです。

そいえば、
先日行ったお笑いライブも
感慨深いものがありました。

芝居・お笑い・音楽・パフォーマンス・・・
ライブって感慨深い。

いち観客の私もまた
とても感慨深い。

人間て素晴らしい。
生きてるって素晴らしい。

神様ありがとう。

夜の帰り道
街灯に照らされた巨大ミミズが
すっかり干乾びて
アスファルトにこびりついていました。

怖かったです。

人間て素晴らしい。
生きているって素晴らしい。

そんなケツメイシの夜でした。

ロジョー フェデラー2005年10月26日

ワタクシ、本日初の路上体験でしたの!
テニスの王子様、ロジャーフェデラーもびっくりですわよ。

早速テニスルックのご婦人を
横断歩道でひき殺しそうになりましたの。

だって交差点できちんと安全確認してから
左折を始めましたのに、
そのご婦人ったら猛スピードで
いきなし飛び出してくるんですもの。

いくらなんでも
あのお蝶婦人だって
そんな危険な真似はしやしませんわ。

助手席の教官という名のワタクシの助手が
すぐに気付いてブレーキ踏んだから良いものを!
あの、ご婦人は命拾いしたわね。
まったく運がいいわ!

それから、ダンプと正面衝突もしそうでしたのよ。

ワタクシが左折する為走行しながら
確認&合図&確認&後方目視した
ほんの一瞬の事でしたの。

前方振りかえると目の前にダンプが!
ちょっと死ぬかと思いましたわ。

しかしこの時もワタクシの助手がナイスジョブ。
危機一髪ハンドルを切って下さいましたのよ。

どうやらワタクシが後方確認してるうちに
ほんの少しだけセンターラインに寄ってしまい
運悪く反対車線のダンプは駐停車を避ける為
こちら側にせり出してきていたようですの。

まあ、お互い様ですわね。

それにしても路上はスリル満点ですわ。

訳が分からないのですもの。

学科では、応急救護措置の訓練を
3時間ぶっとおしでしたわ。
簡単に言えば、お人形相手に
話しかけたり、大声で助けを呼び掛けたり、
人命救助したりする訓練ですの。

演劇的要素がもりだくさんのエチュードよ。

人工呼吸や心臓マッサージって意外と難しいのね。
ものすごい力技で一苦労よ。
人を蘇生させるって疲れるわ。

この一連の手順、キメごとがたくさんなの。
いろいろ採点されて思ったわ。

「心肺蘇生」は器じゃないって。

だって今は自分が
命懸けで運転しているんですもの。

あのフェデラーだって
横断歩道をいつ飛び出して来るか
わかりゃしないんだから。

ロジョーフェデラーってほんと
恐ろしいわね。

それが魅力と言えば魅力なんでしょうけど。